毛周期と脱毛の関係!脱毛に最適な時期は?

脱毛基礎知識

脱毛をする上で、知っておきたい「毛周期」と脱毛の関係性。
今回は「毛周期」についてご紹介します。

毛周期とは?

毛には、一定の周期で常に毛が生え変わる「毛周期」と呼ばれるサイクルがあります。
この毛周期は大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階のサイクルがあり、全ての毛はこのサイクルで生え変わりを繰り返しています。
成長期にはさらに細かく分けて「成長初期」と「成長後期」があります。

部位や個人によって異なりますが、平均して2〜3ヵ月程度の周期で毛が生え変わります。

成長期

【成長初期】
新しい毛が発生して、皮膚の中で毛母細胞が分裂しながら成長している時期
【成長後期】
毛母細胞が活発に細胞分裂し始め、毛乳頭が毛細血管から栄養を吸収しながら毛が成長し、皮膚の表面から出て伸びていく時期

退行期

毛の成長が止まり、毛が抜け落ちるまでの時期

休止期

毛が抜け落ちて、次の毛の成長をスタートするまで活動を休止している時期

脱毛に最適な時期は「成長期」の毛のみ

この3つのサイクルのうち脱毛効果があるのは「成長期」の毛のみです。
主にレーザー(光)はメラニン色素に反応するため、毛母細胞が活発となりメラニン色素が濃くなる「成長期」に効果的な脱毛が可能です。
一方で「退行期」「休止期」の毛は、メラニン色素が薄くあまりレーザー(光)に反応ないため脱毛の効果がないのです。
1回の脱毛で、成長期の状態にある毛の割合は全体の20〜30%程度しかありません。
毛質や毛量、部位等で個人差はありますが、単純に計算しても医療レーザー脱毛の場合は20%×5回で脱毛が完了します。
光脱毛の場合は、低出力なので、これの2〜3倍くらいはかかります。

毛周期に合わせたお手入れ

クリニックやサロンによって多少の違いはありますが、2~3ヵ月程度間隔をあけて施術することをすすめるところが多いです。
毛周期は厳密には部位によって異なりますが、平均して2~3ヵ月のため、全身脱毛の場合は

これは毛周期に合わせて成長期の毛が生え揃うのを待ち、1回あたりの脱毛効果を最も効率的に発揮するためです。

早く脱毛を終わらせたいからといって間隔をあけずに通っても、残念ながら十分な脱毛効果を得ることはできません。

逆にあまりに長い期間施術の間隔をあけてしまうと脱毛効果が下がる原因になるため、特に脱毛しはじめは2〜3ヵ月間隔で通うようにしましょう。
回数を重ねると間隔を少しずつあけて施術することができます。

【部位別の毛周期の目安】

1~2ヵ月
ワキ 2~3ヵ月
1.5~2ヵ月
1.5~2ヵ月
VIO 2~4ヵ月
背中 2ヵ月

部位別の脱毛効果が実感できる回数の目安

同じ毛でも部位によって太い毛や細いうぶ毛など毛質が異なるため、、脱毛効果が実感できる回数も変わってきます。
ワキ・腕・脚など比較的毛が太く色が濃いため、レーザー(光)が反応しやすく効果を実感しやすい部位です。

VIOも毛が太く色が濃いため、レーザー(光)が反応しやすく効果を実感しやすい部位ですが、痛みを感じやすくまた色素沈着を起こしている場合が多いため、出力を下げて照射することが多くなります。

そのためワキ・腕・脚などの部位に比べて若干回数が必要となります。

顔や背中は毛周期は1.5〜2ヵ月程度と短いですが、ほとんどが毛が細くて色が薄いうぶ毛のためメラニン色素が薄く、他の太く濃い毛が多い部位よりも脱毛効果を実感できるまでに回数がかかります。

医療レーザー脱毛 光脱毛
ワキ・腕・脚 3~5回 10回
VIO 4~6回 15~20回
顔・背中 9~12回 15~20回
タイトルとURLをコピーしました