医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛基礎知識

医療機関が行う医療脱毛と、エステや脱毛サロンで行うエステ脱毛では扱う脱毛機が異なります。
この脱毛機の違いによって、お手入れ回数や痛みなどが変わります。

医療脱毛とは?

医療脱毛は、医師の常駐する皮膚科や美容外科、クリニックなどの医療機関でのみ許可された高出力の医療レーザー脱毛機を使用した脱毛方法で、脱毛効果の高い施術です。
毛根にある毛を作り出す細胞である毛母細胞や毛乳頭をレーザーの力で破壊することで、ほぼ永久的に毛を生えなくします。

この発毛組織の破壊は医療行為にあたるため、医療脱毛は医療従事者が施術を行います。
基本的に身体のどの部分でも施術が可能で、後に説明するエステ脱毛に比べて少ない回数の施術で永久的な脱毛効果を得ることができます。
ただし照射パワーが強い分、痛みも伴います。
医療脱毛で使われているレーザーには大きく分けて「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAG(ヤグ)レーザー」の3種類あります。

波長が長いほど深達度が深くなる特徴があり、波長の長さによってメラニンへの反応が異なります。
短い波長はメラニンの吸収率が高まり色素の濃い毛に反応しやすく、長い波長はメラニンへの吸収率が低くなり薄い毛への反応が高くなります。

医療脱毛レーザーの種類

アレキサンドライトレーザー

【特徴】
アレキサンドライトレーザーは、波長755nmと医療脱毛レーザーの中でも短い波長を持っています。
安全性や効果が高く認められており、多くの医療機関で使われているレーザーです。
黒いメラニン色素に反応するレーザーの照射によって、毛根の発毛組織を破壊することで毛を生えにくくします。

冷却ガスがついており、照射と同時に施術部分を冷却します。
メラニンに反応するため濃い毛や太い毛に効果的です。
また毛穴の引き締め・シミやくすみの改善・透明感アップといった美肌効果も期待できます。

メリット デメリット
・脱毛効果が高い
・広範囲照射可能
・濃い毛や太い毛に効果的
・美肌効果が期待できる
・日焼け肌や色黒肌はNG
・うぶ毛には効果が薄い
主な脱毛機 主な取り扱いクリニック
ジェントルレーズ
ジェントルレーズPro
アリオン
複合型(+YAGレーザー)
G-MAX
GentleMax Pro
エリートプラス
スプレンダーX
クラリティ・ツイン
レジーナクリニック
湘南美容外科クリニックなど

ダイオードレーザー

【特徴】
ダイオードレーザーは、波長810nmと医療脱毛レーザーの中では中間の波長を持っています。
そのため太い毛にもうぶ毛にも効果があり、医療脱毛レーザーの中でも痛みが少ないことが特徴です。
ダイオードレーザーには「蓄熱式」と「熱破壊式」の2種類があり、毛への作用や照射の仕組みが違います。

《蓄熱式》
通常より低出力のレーザーで毛の発育指令を送る「バルジ領域」を破壊
《熱破壊式》
高出力のレーザーで毛根の細胞に熱を直接加えて破壊

メリット デメリット
・比較的痛みが少ない
・うぶ毛OK

・日焼け肌・色黒肌OK
・脱毛効果が緩やか
・美肌効果はあまりない
主な脱毛機 主な取り扱いクリニック 
《蓄熱式》
メディオスターNeXT PRO
ソプラノ
デピライト
《熱破壊式》
ライトシェアデュエット
ベクタス
《蓄熱式+熱破壊式》
クリスタルプロ
レジーナクリニック
アリシアクリニック
リゼクリニックなど

YAG(ヤグ)レーザー

【特徴】

YAGレーザーは波長1,064nmと医療脱毛レーザーの中でも長い波長を持っています。
毛根の細胞に直接熱を加えて破壊することで脱毛効果を発揮します。
波長が長いため黒い色素に反応しにくく、肌の奥の深層部(皮下組織)までレーザーが到達することが可能です。

そのため日焼け肌や色黒肌、色素沈着をしている部位にも使用することができ、濃く根深い毛に対しても高い効果を発揮します。
レーザーを照射することで肌細胞を活性化させてターンオーバーを早めるはたらきを持つため美肌効果も期待できます。

メリット デメリット
・肌質や毛質を選ばない
・脱毛効果が高い
・日焼け肌や色黒肌OK
・痛みが強い
主な脱毛機 主な取り扱いクリニック
ジェントルYAG
クールグライド
複合型(+アレキサンドライトレーザー)
G-MAX
GentleMax Pro
エリートプラス
スプレンダーX
クラリティ・ツイン
リゼクリニックなど

医療レーザー脱毛特徴比較表

レーザーの
種類
アレクサンド
ライトレーザー
ダイオード
レーザー
YAG(ヤグ)
レーザー
波長 755nm 810nm 1,064nm
脱毛効果
痛み ×
うぶ毛 ×
日焼け肌 ×
美肌効果 ×

エステ脱毛とは?

一方エステサロンや脱毛サロンで行われている脱毛は、「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」と呼ばれている脱毛方法です。
医療レーザーよりも低出力のため、回数を重ねて何度も光を当てることでムダ毛をゆっくりと減らしていきます。

エステ脱毛では、毛根にダメージを与えることで毛を減らすことは可能ですが(減毛)、破壊はできないため永久的に毛をなくすことはできません。
「永久脱毛」と謳えるのは医療脱毛のみで、ここが大きく違います。

エステ脱毛も身体のどの部分でも施術が可能で、低出力のため医療脱毛に比べて回数はかかりますがその分痛みは弱くなります。
このエステ脱毛にも大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

光脱毛の種類

IPL脱毛

【特徴】
IPLとは、「Intensive Pulse Light」の略称で、毛の黒いメラニン色素メラニンに反応する光を当て、その熱で毛根にダメージを与えて毛の生成を抑える脱毛方法です。
仕組みは医療脱毛レーザーの「熱破壊式」と同じですが、脱毛サロンやエステでは弱い出力の光を使用しています。
メリット デメリット
・太い毛に効果が大きい
・短時間に広範囲施術可能
・光脱毛の中で1番高い脱毛効果
・美肌効果が期待できる
・産毛には効果がない
光脱毛の中ではやや痛みがある
・日焼け肌や色黒肌はNG
主な取り扱いサロン
キレイモ /銀座カラー/シースリー /SA・SA・LAなど

S.S.C脱毛

【特徴】
S.S.Cとは、「Smooth Skin Control」の略称で、ジェルを塗って光を当てることで抑毛効果のあるジェルビーンズが毛穴に浸透し脱毛効果を発揮する脱毛方法です。
IPL脱毛のように毛根にダメージを与えるのではなく、次に生えてくる毛の成長を抑制して減毛する方法です。
ジェルを塗ることで冷却と保湿の役割を果たすため美肌効果も期待できます。
メリット デメリット
うぶ毛にも高い脱毛効果
・比較的痛みが少ない
美肌効果が期待できる
・ジェルが冷たく感じる
即効性は低い
日焼け肌や色黒肌は注意
主な取り扱いサロン
ミュゼ プラチナム/脱毛ラボなど

SHR脱毛

【特徴】
SHRとは、「Super Hair Removable」の略称で、毛根ではなく毛包全体「バルジ領域」に光を照射しダメージを与えることで毛が生えてこなくする、今注目の比較的新しい脱毛方法です。
毛周期に関係なく施術可能で最短2週間に1度通うことができ、痛みも少ないことが特徴です。

メリット デメリット
・うぶ毛にも高い脱毛効果
・日焼け肌や色黒肌OK
・痛みが少ない
・毛周期に左右されない
導入サロンがまだ少ない
・脱毛効果が緩やか
主な取り扱いサロン
ストラッシュ/ラココなど

光脱毛特徴比較表

脱毛方法 IPL脱毛 S.C.C脱毛 SHR脱毛
脱毛効果

痛み
うぶ毛 ×
日焼け肌 ×
美肌効果
×

完了目安回数の違い

医療脱毛の完了目安回数

医療脱毛に関わらず脱毛には毛質・肌質・部位等によって効果に個人差がありますが、平均して5〜8回程度で気にならなくなり自己処理が不要になることが多いです。

医療レーザー脱毛は、成長期の体毛にしか効果がないため毛周期に合わせて通う必要があります。
毛周期は部位ごとに差がありますが、大体2〜3ヵ月間隔で通うことになり、期間としては1年〜1年半ほどになります。

脱毛1回につき成長期の毛の割合は最大15~30%ほどなので、平均して5〜8回程度お手入れ回数が必要です。
顔や背中などのうぶ毛の多い部位はプラス2〜3回くらいが目安です。

エステ脱毛の完了目安回数

エステ脱毛は、前述したとおりレーザーの出力が弱いため、医療脱毛の2〜3倍近くの回数がかかります。
「自己処理がかなり楽になる」「毛が気にならなくなる」まで平均して12〜18回程度必要です。

エステ脱毛も、毛周期に合わせて通う必要があるため、大体2〜3ヵ月間隔で通うことになり、期間としては2〜3年程度かかります。
脱毛には個人差があるためあくまで参考回数と考えてください。

医療脱毛とエステ脱毛の完了目安回数比較

脱毛方法 医療脱毛 エステ脱毛
回数 5〜8回 12〜18回
期間 1〜1年半 2〜3年

費用の違い

医療脱毛の費用

医療脱毛の費用は、エステ脱毛と比較しても高額と思われがちですが、実はそんなことはありません
医療脱毛は平均して5〜8回程度と、少ない回数で脱毛が完了します。
しかも毛根を破壊する永久脱毛のため、元に戻ってしまうということがありません。

下記は人気クリニック6社(湘南美容外科クリニック・リゼクリニック・アリシアクリニック・レジーナクリニック・フレイアクリニック・TCB東京中央美容外科)の公式HPの料金表を元に税抜価格で表示しています。
【各5回施術の費用相場】

部位 価格帯(税抜) 相場
全身脱毛
(顔・VIO無)
158,000円〜248,000円
(最安値:フレイアクリニック)
約20万円
全身脱毛
(顔・VIO有)
270,000円〜369,100円
(最安値:湘南美容外科クリニック)
約35万円
VIO脱毛 53,700円〜92,400円
(最安値:湘南美容外科クリニック)
約9万円
顔脱毛 46,000円〜96,000円
(最安値:湘南美容外科クリニック)
約9万円
ワキ脱毛 950円〜18,800円
(最安値:TBC東京中央美容外科)
約1.5万円

※湘南美容外科クリニックは6回の料金

エステ脱毛の費用

エステ脱毛は、前述したとおりレーザーの出力が弱いため、医療脱毛の2〜3倍近くの回数がかかります。
「自己処理がかなり楽になる」「毛が気にならなくなる」まで平均して12〜18回程度必要です。

エステ脱毛も、毛周期に合わせて通う必要があるため、大体2〜3ヵ月間隔で通うことになり、期間としては2〜3年程度かかります。


下記は人気脱毛サロン10社(銀座カラー・キレイモ・シースリー・ストラッシュ ・ラココ・脱毛ラボ・ミュゼプラチナム・RinRin・エピレ・プリート)の料金を12回施術の場合を税抜価格で表示しています。

脱毛サロンでは全身脱毛が主流のため、部分脱毛を取り扱っているサロンは少なく、部分脱毛だと割高になります。
そして全身脱毛の部位に顔やVIOが含まれている場合が多いです。
脱毛には個人差があるためあくまで12回は参考回数と考えてください。
【各12回施術の費用相場】

部位 価格帯(税抜) 相場
全身脱毛
(顔・VIO有)
181,800円〜319,000円
(最安値:ストラッシュ )
約25万円
VIO脱毛 77,980円〜123,750円
(最安値:ストラッシュ )
約10万円
顔脱毛 28,800円〜114,840円
(最安値:RinRin)
約9万円
ワキ脱毛 100円〜36,000円
(最安値:ミュゼ プラチナム)
約2.5万円

医療脱毛とエステ脱毛の相場費用比較

結論から言うと、全身脱毛は若干脱毛サロンの方が料金設定は低めで、顔やVIO、ワキにはあまり大きな差はありません。
ただし脱毛サロンはのりかえ割など各種割引が充実していて、ワキも数百円で通い放題のキャンペーンなどがあるため、相場よりも安くなる場合があります。

医療脱毛(5回) エステ脱毛(12回)
全身脱毛
(顔・VIO無)
約20万円
全身脱毛
(顔・VIO有)
約35万円 約25万円
VIO脱毛 約9万円 約10万円
顔脱毛 約9万円 約9万円
ワキ脱毛 約1.5万円 約2.5万円

肌トラブルの時の対応の違い

医療脱毛の肌トラブルの時の対応

医療脱毛は、医療機関で行われているため万が一肌トラブルが起こってしまった時でも迅速に処置や薬の処方をしてくれます
もしもの時でもすぐに対応できることは医療脱毛のメリットのひとつです。

エステ脱毛の肌トラブルの時の対応

脱毛サロンは医療従事者がいないため、万が一肌トラブルが起こってしまった時は店舗では対応できません。
そのため提携している近くの医療機関を紹介してくれます。

医療脱毛 エステ脱毛
常駐の医師がすぐに診察・処置・薬の処方といった迅速な対応ができる 店舗では対応できないため提携しているクリニックを紹介

まとめ

ここまでご紹介してきた違いをまとめてみました。
医療脱毛とサロン脱毛の違いをしっかりと理解し、自分に合ったサロンやクリニックを見つけてみてください

医療脱毛 エステ脱毛
回数 5〜8回程度 12〜18回以上
期間 1〜2年程度 2〜3年程度
脱毛方法 医療レーザー脱毛 光脱毛
脱毛効果 とても高い 高い
痛み やや弱い〜強い ほとんど感じない〜軽い痛み
費用 1回の料金は高いが少ない回数で脱毛が完了するため最終的な総額はさほど変わらない 1回の料金は安いが回数を重ねると最終的には高くなりがち
施術者 医療従事者 エステティシャン・サロンスタッフ
肌トラブル時対応 常駐の医師がすぐに対応 店舗で対応できないため提携クリニックを紹介
タイトルとURLをコピーしました